コロナで芸能界の仕事が減少した人が次に選んでる仕事5つ【解決策】

コロナの流行によって飲食店や旅行関係が大打撃を受けましたが、芸能界などエンタメ業界も例外ではありません。

在宅率があがることでテレビの視聴者が増え、俳優や女優の収入は増えていくかと思われましたが、実際はどうなっているのでしょうか。

コロナが流行してから芸能人の仕事が激減している


コロナによって在宅率は上がりましたが、広告を打ってくれる企業が減ってしまったため、実際の芸能人の基本的な給料は下がってしまいました。

また、テレビ出演者も制限されるようになってから、お仕事のキャンセルが増えたり、出演依頼がもらえなくなっているという話はちょくちょく聞こえてきます。

特に、会場で行うライブパフォーマンス・イベント・舞台が相次いで中止・延期されたため、なかには収入が全くのゼロになってしまった方も。

実際に日本俳優連合が俳優・声優に行った実態調査アンケートによると、2020年4月に入ってからの収入が「まったくない」と答えた人は約70%に登りました。

そんな芸能界の現状で

「これから芸能界で仕事をして生きていける自信がない・・・」
「来月の家賃が払えないかもしれない・・・」

など悩んでいるモデルや女優の卵たちは多いと思います。

筆者
業界人N
これから芸能界で生計を立てていく見通しが立たないと悩んでいる声を芸能界を退いたぼくの耳にも届いています。

しかし、芸能人の仕事はテレビ出演だけとは限りません。

ここから先では、コロナ以降仕事がなくなってしまった芸能人、もしくはモデルやグラビアアイドルが挑戦してみるべき仕事をチョイスしてみました。

今生活費がなくて不安な子は、まずはなんでもいいので「仕事をもらうこと」から始めるのがおすすめ。

コロナ以降の芸能人の仕事5つ

生活費を稼ぐ上で必要なのはもはやテレビ出演の仕事をもらうだけではなく、「自分で自分をどう見せるか」が重要になってきました。

テレビ制作者側のキャスティング主導権に媚びなくてもよくなったので、芸能人のテレビ以外の活躍が増えてきています。

これからもテレビで活躍して行きたい人、テレビ出演や舞台の仕事に見切りをつけて自分で活躍したい人のヒントになってくれればと思います!

YouTubeやLINELIVEなどの配信


最近は女優業やモデルのお仕事と並行してYouTubeを始める人が増えてきたように感じます。実際、

  • YouTubeの方が仕事がたのしい
  • 自分の好きな仕事を選べる

と感じているモデルさんも多いようです。

また、LINELIVEで動画配信をする芸能人がライブ配信を行って、テレビ出演のない時期でもファンを獲得しています。

配信をはじめてすぐに収入を得るには、ビッグネームの女優クラスでないといけませんが、コツコツと積み上げることでしっかりとしたファンがついてきます。

 

高級クラブでバイト

画像引用元:http://le-club-de-tokyo.co.jp/quality.html

今はコロナで仕事がないモデルで、これからもテレビやモデル業を主戦場にして戦っていく子の中には、都内のプライベートが守られている高級クラブで働いている子もいます。

動画配信などと違って、働いた分の給料が確実にもらえるので、安定した給料がほしい駆け出しのモデルたちに人気です。

都内最大手でプライベートが守られている完全会員制のLe Club de Tokyoでは、お客さんも芸能関係者がほとんどなので、仕事の相談をしたり、お仕事の依頼をもらったりする場合もあります。
芸能活動している女の子も働いているので、経験がなくても安心して始められます。
他にも、Le Club de Tokyoと同じ系列店のチックもおすすめですよ。

大手のクラブは、コロナが流行する前も芸能関係者の交流の場となっていましたが、今も相変わらずコネクションの場として使われているようです。

筆者
業界人N
日本に帰国した時久しぶりに寄ってみましたが、検温や検査なども徹底していて、さすがだなと感じました。

 

モデルの個人撮影・団体の撮影会


グラビア・モデル業界もコロナによる自粛の影響を受けて、イベントやテレビ出演が減ってしまいましたが、撮影による仕事は生き残っています。

個人撮影では、1人のモデルに対して1人のカメラマンが付き撮影。団体の撮影会は、1人や複数のモデルに対して複数のカメラマンが付き撮影を行います。

撮影に必要なのはモデル・カメラマン・マネージャーなどのごく一部人間で、お客さんを入れないため、昔から今でも行われています。

所属事務所から撮影のお仕事をもらう他にも、インスタなどのハッシュタグを利用して、カメラマンと繋がる方法も盛んです。

モデルに人気のハッシュタグ#ポートレートモデル希望
#ポートレートモデル
#被写体
#ファッションモデル
#カメラマンさんと繋がりたい
#モデルになりたい
#撮影依頼募集中
#被写体になります
#写真で伝えたい私の世界
#写真撮ってる人と繋がりたい
筆者
業界人N
ルックスがあれば実績を問われないので、これからモデルになりたい人にも始めやすいね。

もともとグラビアアイドルをしていた人やモデル撮影のお仕事が好きな人は、コロナ以降も活躍できる仕事になりそうです。

 

オンライン撮影会


直接会う方法意外にもオンライン撮影会を開催しているグラビアモデルもいます。

これも撮影の仕事をもらうまでの流れは基本的に先ほど紹介した撮影会と同じで、インスタなどのSNSや所属事務所からお仕事をもらいます。

撮影はZOOMを使った撮影が多く、カメラさんにアングルの指示をもらいながら自分のスマホかカメラマンさんのスクリーンショットで撮影を行います。

今では自分を撮った写真や動画をメッセージ付きで販売するアプリ「Only Five」も人気なようです。写真や画像は先着5名しか購入できないため、ある程度有名なアイドルの中にはここで生活費を稼いでる人もいるようですね。

ちなみに、内側カメラだと「解像度が低い」と不満を言われることがあるので、外側カメラの撮影に慣れておく必要がありますよ。

 

ブランド運営


知名度がそこそこあるモデル・女優に限られてしまいますが、自分のブランドを運営を始めたり、知名度のあるモデルやアパレルメーカーと提携して新事業を立ち上げるケースも増えてきています。

モデルや芸能人の強みである「タレント性」と「商品を売り出したい企業」がマッチングすることで、初めてお仕事をもらえます。

自分から働きかけたりする必要があるので、まだ若く実績が少ないモデルや女優さんにはおすすめできません。

コロナで仕事が減った芸能人も申請できる給付金


コロナで仕事を失ってしまい収入がなくなってしまったモデル・グラビアアイドル・女優は、要件を満たせば「持続化給付金」がもらえます。

自分はもらえるのか知りたい人や詳しい手順を知りたい人はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。
私はもらえる?芸能人のための持続化給付金のもらい方【画像付き】

モデルや女優がに分類される「個人事業主」は最大で100万円の持続化給付金がもらえます。

筆者
業界人N
お金がなくて生活に困っているこれから売れていきたいモデルや女優の卵はうまく利用しましょう。

コロナ禍の芸能界で問題なのは仕事ができないことへの不安


コロナ禍の芸能界で問題になっているのは、収入がない金銭的な問題ではなく、仕事がない事による精神的な不安といわれています。

仕事が激減したことによって、露出の多いグラビアの仕事をやらざるを得ないこともあったり、芸能界の現状は

  • 「ネットで傷つく言葉を言われる」
  • 「芸能活動などの文化がここまで非難を受けるなんて思わなかった」
  • 「仕事ができずとにかくつらい」

と感じている人が多いようです。

今まで人に認められることで活躍してきた芸能人が、仕事がないことで自信喪失してしまって鬱になるケースもみられます。

芸能人は「うつ病」になりやすい?彼らがうつ病になった原因や克服方法をご紹介

SNSではハッシュタグや動画でバトンつなぎをするなどして、コロナ禍でもしっかりとファンを喜ばせていました。

それにならって自信を無くさないためには、自分からアクションを起こしてお仕事をもらったり、ファンとの交流を持ったりしましょう。

まとめ

コロナ禍でもまだ芸能界を続けたいと考えている人も多いと思います。

コロナの流行によって芸能界は窮地に立たされていますが、工夫次第で今でもお仕事を手に入れることができます。

どんな方法でお仕事を手に入れるかは人それぞれなので、自分にあった方法でこれから上を目指してがんばっていきましょう。

コロナで退所する芸能人が増えてる!事務所を辞めた後の選択肢とは?