女優のための養成所を徹底解説!狙い目の都内おすすめ養成所も紹介

演技は、技術です。学ばないと、なかなか上手にはできません。

女優を目指しているなら、「良い養成所に行きたい!」と思うのは当然のこと。というよりも、思ってくださいね。それが女優としての成功の第一歩になりますから。

ぼくは芸能事務所を経営にかかわってきたので、養成所についてもいろいろと知っています。
ここでは女優のための養成所がどのようなところか、メリットや費用などについても解説していきたいと思います。

女優のための養成所はどんなところか

養成所は大まかに、「劇団や芸能事務所が運営している養成所」と、「専門学校やスクールのように独立した養成所」に分類することができます。

筆者
業界人N
どちらが良いかの判断は、ちょっと難しいかな。相性もあるし、どちらも養成所ごとに特徴が異なってきますからね。

すでに芸能事務所に所属しているのであれば、大抵はその事務所が運営している養成所で女優としての基礎を学ぶことになるでしょう。

まだ事務所に所属していない段階で演技について学ぶのであれば、どちらの選択肢もあり得ますよ。

次に、女優の養成所で学ぶことができるレッスン内容をいくつか挙げてみますね。

・発声練習
・ダンス
・アクション
・演技論

このようなレッスンは、ほとんどの養成所でカリキュラムに組み込まれています。
他にも日本舞踊や表情のみでの演技、アドリブについて学ぶところもありますね。

多くの人が考えているよりも、学べることは多いです。
女優育成に特化した養成所を選べば、難しさや面白さ、奥深さを実感することができるでしょう。

女優を目指す人が養成所に通うメリット

筆者
業界人N
そもそも、「女優を目指す人が、養成所に通う必要ってあるの?」と考える人もいるかもしれません。

結論から言ってしまうと、通う必要ありです。養成所は絶対に行った方がいい。

まあ、芸能事務所に所属したら、嫌でもレッスンを受けることにはなりますけどね。じゃあなんで養成所に通うべきなのか、専門的なレッスンを受けるメリットを説明していきましょう。

戦力となる実践的なレッスンができる

女優のための養成所では、まずは演技の基礎を学びます。その上で、実戦で使えるテクニックなども学べるのが、養成所に通う一番のメリット。

何事も、プロを目指すなら基礎がなければいけません。でも、基礎だけではダメ。実際の現場で使えるスキルを身につけなければ、何の意味もないんです。

独学でこれらを身に付けることは、ほぼ不可能。普通は養成所に通わないと無理。

プロの講師に学んでこそ、本では学べない活きた経験が身につくんですよ。その過程を経て、プロフェッショナルな女優に近づくことができるわけです。

業界関係者と繋がれる

養成所で演技やダンスなどを教えてくれるのはプロの講師陣。この人たちは、たくさんの女優を育ててきた実力者たちです。

そんなプロたちと繋がれるだけでも、養成所に通う価値があると思ってもらいたいですね。こうした業界のトップクラスにいる人たちにアドバイスがもらえるなんて、贅沢の極み。今後の女優人生にメリットしかありません。

これも実際に習ってみればわかるでしょう。「本当にすごい人たちに教わっているんだ」と実感できるはずです。

仲間ができてモチベーションが上がる

養成所に通う大きなメリットとして、同じ夢や目標を持った人たちと出会うことができます。女優仲間って言ったらいいのかな。女優の卵仲間か。

ハリウッドスターを夢見る女の子もいるかもしれません。こうした仲間は、自分のモチベーションを高めてくれますよ。ぜひ交流してみてください。

「この子だけには負けたくない!」という気持ちが芽生えるのもメリットですね。
そういう気持ちはものすごく大事!それが自分を成長させてくれますから。
これも養成所という、女優を目指す人たちが集まる場所に飛び込むからこそ得られるメリット。

情報交換や相談もできるでしょう。お互いに女優として活躍し出した後で、こうした関係がプラスになることも十分に考えられます。

共演した時や、仕事で悩んだ時などは特にね。
若いうちに仲間を作るという意味でも、養成所に通っておく価値は大きいですよ。

養成所の料金は高額になることも

自分自身が養成所を選択して通う場合には、費用も自腹ということになります。
でも、女優のための養成所って、そこそこ料金が高いんですよね。
プロの技術が学べるので当然ではありますが。

個人的には「ちょっと取りすぎなんじゃないの??」と思うスクールも正直あります。
入所金として10~20万円、年間のレッスン料は20~80万円といったところでしょうか。
幅があるのは、養成所によって料金設定がかなり違うからです。
トータルで100万円ほどになる養成所もあるということになりますね。

注意したいのは、「高額な費用がかかる=質が高い」というわけではないこと。料金だけ無駄に高いところもあります。

逆に、芸能事務所に所属した場合は、こうした養成所に通うための費用を事務所が負担してくれるケースが多いです。
オーディションも無料で受けられて、合格したらレッスン料も無料!大手の事務所はほとんどがこんな感じ。

なのでお金がないけど女優を目指しているなら、すぐに養成所に入るよりも、まずは芸能事務所に入ることを優先した方が良いかもしれませんね。

入所やレッスンなどにお金のかからない大手芸能事務所の紹介はこちらでしています。
知らなきゃ損!芸能界デビューにお金のかからない芸能事務所5選

女優のための都内オススメの養成所・スクール

数ある養成所の中から、女優に必要なテクニックが学べる養成所やスクールをご紹介します。養成所にはピンキリありますが、ぼくが教えるのはちゃんとしたところばかりなのでご安心を。

とはいっても鵜呑みにせず最後はご自身で比較して、自分に合っていそうなところを選んでくださいね。

テアトルアカデミー

主にタレントの養成・育成を行っている「テアトルアカデミー」。1980年創設ですね。そこそこ歴史があります。校舎は東京だけではなく、大阪や名古屋、札幌、福岡など全国にあります。

画像引用元:テアトルアカデミー

赤ちゃんからシニアまで学べますが、女優を目指す女の子の場合は「ユース部門」になりますね。演技のレッスンはもちろん、ダンスや時代劇などの授業も用意。幅広いスキルを学ぶことができますよ。

芸能事務所としての役割も持っているものの、中心は育成。系列の芸能事務所があるので、ある程度の年齢になるとそちらに移籍するケースが大半です。

料金:入学金200,000円ほど、月謝20,000円ほど
応募要項:ユース部門は高校生~39歳まで、公式サイトからエントリー可能

オスカーエンターテイメントスクール

オスカーエンターテイメントスクール」は、その名の通り、多数の有名タレントが所属するオスカープロモーションが運営する養成所。

画像引用元:オスカーエンターテイメントスクール

大手ですからね、講師陣もとても豪華で、質の高いレッスンを受けることができます。少人数制でレッスンをしているのも特徴的。生徒たち一人一人に講師の目が行き届くので、個別指導を受けているような感覚にもなれるでしょう。

ライバルとの出会いがあるのも嬉しいですね。ハイレベルな女の子が集まりますから、自然と意識も高まりますよ。

レッスン内容も、基礎から演技実習、モデルに必要なウォーキングやポージングまで、いろいろと学べます。
成績が良いとオスカープロモーションに所属できるので、一気にブレイクする可能性もありますね。

料金:160,000円ほど(6ヶ月間ほど)
応募要項:年3回オーディションを実施、応募資格は中学1年生~24歳まで

日本放映プロ

日本放映プロは、育成からマネジメントまで行っている芸能総合会社です。

画像引用元:日本放映プロ

所属タレントは年齢もキャラクターもお仕事も、とにかく幅が広い。他の芸能事務所や養成所などのオーディションに落ちてしまっていても、日本放映プロなら拾ってくれるかもしれませんよ。その人の個性をしっかりと見出してくれますからね。

女優を目指す女の子の場合は「青年部門」に所属することになるでしょう。演技レッスンはもちろん、発声、セリフ、声楽、ダンスなども学べ、マスコミの基礎知識まで教えてくれます。プロとしての意識づけをしっかりとしてくれる体制が整っていますよ。

料金:年齢や時期によって異なる
応募要項:青年部門は中学1年生~29歳まで、受験料は一部有料、公式サイトからエントリー可能

劇団ひまわり

芸能界に興味がない人でも耳にしたことがあるだろう「劇団ひまわり」。誰でも知っているのは、長い歴史があるから。創設はなんと1952年。老舗ですね。

画像引用元:劇団ひまわり

全国に養成所を構えているので、東京都内だけではなく、地方に住んでいても通うことが可能です。

部門ごとに細かく年齢分けがされていますが、女優を目指す若い女の子は「青年部」に振り分けられます。

お金を払えば誰でも入所できるわけでもありません。オーディションは書類選考の一次があり、実技・面接の二次まで用意。まずはそれをクリアすることが必須。

その後、演技、ダンス、アクション、バレエ、パントマイムなど多くのレッスンから好きなものを学び、テストに合格することで、やっとデビューへと近づきます。

このように、徹底した指導が受けられ、ステップアップが明確になっているのが「劇団ひまわり」の特徴ですね。

料金:入所金198,000円、月謝26,125円(素質によって減額・免除の可能性あり)
応募要項:青年部は18~39歳まで、公式サイトからエントリー可能

トライストーン・アクティングラボ

トライストーン・アクティングラボは、映画製作や音楽プロダクションも兼ねた芸能事務所であるトライストーン・エンタテイメントが運営している養成所です。

画像引用元:トライストーン・アクティングラボ

最大の特徴は、本物を追求している点。女優も含めた俳優の育成に力を入れているので、無駄がありません。

モデルやバラエティタレントのような幅広い活躍を目指す女の子よりも、女優業で生きていきたい女性向けの養成所ですね。

だからレッスンも本格的!演技に必要な体の使い方や呼吸法なども学べます。
自己分析や芝居論、台本の読み方や想像力の付け方など、他の養成所では学べない内容も盛りだくさん。中途半端なレッスンじゃ物足りないという人にもおすすめですよ。

料金:入学金216,000円、月謝27,000円
応募要項:対象は中学生~20代まで、入所希望者は履歴書と写真を添えて郵送で応募

女優は養成所に通わなくでも独学で学べるのか

独学でも女優になることは可能です。しかし、おすすめはできません。非常に困難だからです。言ってしまえば、誰にも習わずにプロのピアニストを目指すようなもの。

強運を持った天才でもなければ、ちょっと非現実的ですよね。養成所に通うことで、

・女優に必要なテクニックや知識が身につく
・自分の魅力や、逆に足りないところがわかる
・お互いに競い高め合える仲間やライバルと出会える
・芸能関係者との人脈が作れる
・悩んだり迷った時の解決策が見つけやすい

など、女優を目指す上でたくさんのメリットが得られます。こうしたことが、ぼくが独学ではなく養成所に通い、自分を磨くことをおすすめする理由。

特に女優の場合には、確実にタイムリミットがあります。
一定の年齢を超えると、養成所に通うことすら難しくなるんです。年齢制限を設けているところも多いですからね。
見学を実施している養成所もあるので、一度のぞいてみましょう。

芸能界デビューと年齢の関係について詳しく知りたい方はこちら☟
「Q.芸能界デビューは何歳まで?20代じゃ遅い?」年齢別に解説

まとめ

養成所は、芸能事務所と比べて、少しとっつきにくいところがありますよね。でも、女優など本格的に芝居の道へ進みたいなら、養成所は避けて通れません。

自分が目指す方向性やレッスン内容をチェックし、養成所を選択してみましょう。

憧れの人が所属する芸能事務所運営の養成所に行くのもあり。
能力が認められれば、そのまま運営元の芸能事務所に所属できますよ。
中にはオーディション制をとっている養成所もありますが、思い切って挑戦してみるといいでしょう。

芸能事務所や養成所のオーディションを突破するためのポイントが知りたい方はこちら☟

【超対策】オーディションの面接で聞かれる質問とあなたに求められる回答とは 書類審査に通過するオーディション写真の撮り方|撮影時の服装・メイク オーディションの自己PRの作り方|女優・モデルを目指すなら超必見! オーディションの履歴書の書き方を徹底解説!書類審査突破の秘訣を伝授