元業界人が暴露!モデルになりたい人がモデルになる方法&必須条件

雑誌の専属モデル、ショーモデル、読者モデル、パーツモデル・・・。
モデルといっても、仕事はいろいろ。

ここでは、トップモデルや専属モデルなど本格的なモデルになりたい女の子に向けて、元業界人のぼくが売れるためのコツを解説していきます。

モデルには種類がある?各モデルの主な仕事内容と収入事情

まず整理しておきたいのは、モデルの種類ですね。
種類ごとに取るべきアクションが変わってくるので。

「プロのモデル」と「読者モデル」の違い

まず、読者モデル。
いわゆる読モですね。読モは雑誌に載るというだけで、プロのモデルではありません。

媒体にもよりますが、たまたま載ったくらいの素人状態では、交通費しか出ないことも。

これはサロンモデルも同じですね。
美容室などのカットモデルも素人は基本無報酬で、貰えても気持ち数千円くらいです。

読モとしてそこそこ知名度が出てきた段階でやっと、月に数万円から10万円程度が稼げるようになります。

一方、プロのモデルは芸能事務所に所属していたり、特定の雑誌と契約しています。
ここが読モやアマチュアとの違いですね。

意外と知られてませんが、専属契約のプロモデルは好きな洋服を着ることもできないし、好きなヘアメイクにすることもできません。

なぜなら契約している雑誌やブランドによって決められたイメージがあるからです。
モデルはそれに合わせるのがお仕事。動くマネキンというイメージですね。

その代わり、お給料はアマチュアよりも高め。
月に数十万円から、高い人では数百万円の報酬を受け取って活動しています。

・CMモデル(1回の出演で数万円程度)
・ショーモデル(1回数万円から100万円以上)
・雑誌の専属モデル(月収100万円以上も可能)
・ブランドの専属モデル(年収数千万円を超えるモデルも存在)

↑のように、プロのモデルと一口にいっても、いろいろな種類の仕事がありますね。
それぞれ適正もあるし、どの分野に強い芸能事務所に入るかによっても、活躍の場が異なります。

その他モデルについて

その他モデル・ウェディングドレスを着てブライダル企業のPRなどを行う『ブライダルモデル』
・手や脚、髪の毛などに関する商品をPRするための『パーツモデル』
・小物商品などを身につけて商品のPRをする『着用モデル』
・展示会や発表会で商品のPRをする『キャンペーンモデル』
・画家や美大生の絵のモデルになる『絵画モデル』

どれもプロのショーモデルや雑誌の専属モデルなどと比べると報酬は少なめ。
1回数万円程度が相場ですね。

決して楽なお仕事ではないのに、報酬は激安・・・なかなか厳しい世界と言えるかもしれません。

モデルになるための必須条件

それでは、自分が「モデルになるための条件」を備えているかチェックしておきましょう。

顔やスタイルに条件はあるのか??

プロのモデル、特にパリコレなどに出演するようなブランドモデルには高い身長が求められます。まぁ、170cm以上ないと難しいですね。

体型は痩せ形が基本。
ただし、痩せすぎのモデルは最近では敬遠される動きもあるので要注意です。
目指すは『健康的な細身』ですよ。

こうしたガチのモデルの場合、顔は最重要ではありません。
メイクなどで整えられるケースが多いからです。
・・・とはいっても最低限のルックスは必要ですね。
モデルのオーディションではスタイルと一緒に顔や表情もチェックされますから。

逆に、日本国内のショーモデルや雑誌のモデルだと、顔も重視される傾向にあります。

求められるのは可愛らしい笑顔!もしくは綺麗で上品な笑顔!!どちらにしろ笑顔は重視されます。

素敵な笑顔を作るためには歯の矯正や美容整形が必要になってきます。
モデルになる前にそうした施術で顔を整えておく女の子もたくさんいますよ。

別ページで解説していますので、詳細はこちらの記事をご覧ください。

体型維持ができる

モデルの体型維持はアスリート並みの努力が必要と言われていて、その努力が続けられることもモデルになるための必須条件ですね。

ショーやファッション雑誌の主役は、モデルではなく洋服。
様々な服を綺麗に着こなすための体型維持って本当に大変なんですよ。
プロのモデルも、日々努力しているんです。

例えば、ローラさん。
彼女の努力は凄まじいです。

・ジムに週3〜4回通う
・キックボクシング
・ランニング
・フラメンコ
・ヨガなど、いろんな運動をやりまくる
・食事は自炊
・野菜や魚、果物などをしっかりと食べる
・炭水化物は控えめ
・朝と夜にリンパマッサージ
・半身浴も欠かさない

これを何年間も続けることができますか?と、自分自身に聞いてみましょう。
その答え次第で、モデルになりたいという意志の強さがわかるはずです。

モデルになるための3つのルート

モデルになるための方法は1つだけではありません。
中でも可能性が高い3つの方法を紹介します。

事務所オーディション

プロのモデルのほとんどは、どこかしらの事務所に所属しています。
芸能事務所のモデル部門か、モデル専門の事務所が多いですね。

事務所では定期的にオーディションを開催。
大々的に行われているオーディションから、事務所内だけでこぢんまりと行われてるオーディションまでさまざま。

事務所のHP、雑誌、新聞、Webの広告などで募集がかけられています。
常にチェックして、チャンスを逃さないようにしましょう。

スカウト

スカウトも王道ですね。
街中、お店、誰かからの口コミ、SNSなど、スカウトの場やパターンもいろいろです。

まさかの方法

事務所のオーディションかスカウトしかモデルになる方法がないと思いがちですが、実は他にもあるんです!

それは、芸能関係者や業界人の集まる場所で働くこと。

例えば銀座に『チック』という高級クラブがありますが、働きながらモデルや芸能界を目指している卵たちが在籍しています。

お店側も女の子のプライバシーは守ってくれるし、時給も普通のバイトの5倍以上は確実。
しっかりと稼ぎながら芸能関係者とのコネも作れるわけです。

元業界人の筆者が語る、最近のモデル事情

“今はTwitterやInstagramなどのSNS、TikTok、YouTubeなど、素人でも人の目に触れて有名になれる時代。

ぼくが業界にいた頃は、1人の女の子をデビューさせて売れっ子にするまでに数百万円もお金をかけてたんですよ。
昔はさらに高かったんじゃないかな。

でも今は、素人の女の子が数十万人や数百万人のファンをすでに抱えてる。そうした子をスカウトすれば、事務所に入れた時点で熱烈なファンを持ってるから、お金をかけずにすぐに売れっ子に出来る。

これまで芸能事務所がやっていたファン獲得やメディアでの露出を、女の子自身がやってくれてるってことですね。

若い子なら、SNSで人気になってTVとか雑誌とかで活躍するようになったモデルさんを何人も知ってるよね?つまり、素人の子でもチャンスはどこにでもあるってこと。

なので今の若い子は、とてもいい時代に生きてると思います。この時代と便利なツールは活用しないと損ですね。”

まとめ

まずはなりたいモデルのジャンルを決めて、条件を満たす体形やルックスを維持できるよう、日ごろの努力を欠かさない事。

そのうえで、売れっ子になるためには自分から積極的にアクションを起こしていきましょう。