知らないと干される!芸能界のルール・暗黙の了解について解説

芸能界の独自のルールについて

芸能活動を始める人に知っておいてもらいたいルールがいくつかあります。

「芸能界の常識」と言ってもいいですね。
事務所に所属することになれば、マネージャーや先輩などから教えてもらえるでしょう。

それでも、早いうちに知っておいて損はありませんよ。
全部は紹介できないので、業界で長年仕事をしてきたぼくが考える重要なルールについて取り上げてみますね。

見知らぬ人でもすれ違ったら自分から挨拶をする


TV局内、ロケ先、営業先など、自分が仕事をする場所では、必ず自分から挨拶をしてください。

筆者
業界人N
そこにいるということは、自分の仕事に関わっている人ということ。
すれ違った際にも挨拶を忘れないようにしましょう。

楽屋や待機場所があるようなところで撮影や収録をする場合には、先輩たちに挨拶に行くことも忘れてはいけません。

中には挨拶を嫌う先輩や大御所もいますが、それでも挨拶には言ってください。
挨拶をしないで評判や評価が落ちることはあっても、挨拶をして評価が落ちることはないですからね。

お笑い芸人・品川庄司の品川くんのケース

品川くんが、ダウンタウンの浜ちゃんと共演した時、挨拶に行かずにめちゃくちゃ怒られたことがあります。
相方の庄司くんは挨拶に行ったんですよ。でも品川くんは行かなかった。

浜ちゃんは礼儀に厳しい人だからね。
先輩として後輩に、芸能界のルールを教えたってわけです。
 
こんなケースもあるので、積極的に挨拶を行うように心がけましょう。行って損をすることはないですよ。

楽屋挨拶の仕方についてはこちらの記事でも紹介しています。
知らなきゃマズい楽屋挨拶のマナー。挨拶NGの場合はどうすればいい?

仕事の内容は絶対に口外NG!!


芸歴の浅い女の子は、自分が仕事をすると、嬉しくてつい情報を外に出してしまうことがあります。

筆者
業界人N
ぼくが業界にいた時もそういう子がちょこちょこといて、少し手を焼いたことがありました・・・。

仕事の内容は、絶対に誰かにバラしてはいけません。
家族や友人などにも、口外はNG。しっかりと守りましょう。

芸能界のお仕事は、それが必ず表に出るとは限らないんです。
お蔵入りになることもあるし、内容が変更になることもあります。

だから、メディアが解禁したり事務所からOKが出るまでは、誰にも言ってはいけないというルールがあるんですね。

もし仕事内容がバレてしまうと、それだけでスポンサーやクライアントなどの利益などに悪影響が出てしまうことがあります。

情報解禁というのは、いろんな企業や局や事務所などが、さまざまな事情を考えながら計画を立ててやっているもの。

出演者などがそれを勝手に壊してしまったらいけませんよね。

誰かに言いたくても我慢!事務所から「言ってもいいよ」と言われてから宣伝したり誰かに伝えたりしましょう。

どんな時でも笑顔を忘れないようにする


女性芸能人は、常に笑顔でいることも忘れてはいけません!
何もしていない時に笑顔でいると、「大丈夫?」と心配されることもあります。

でも、常に暗い表情をしていて、「大丈夫?」と思われるよりはぜんぜんいい!
笑顔は周囲の雰囲気も明るくしますからね。
絶対に良い印象を持ってもらえることの方が多いですよ。

挨拶するときだけ笑顔の女の子よりも、常に笑顔の女の子の方が接する方も気分がいいですから。

自分の気持ちも軽なって、緊張も和らぐでしょう。
仕事にも好影響を与えるはずです。

芸能界の暗黙の了解について

芸能界のルールというよりも、暗黙の了解というか・・・、表立って言えないけど確実に存在しているものについてお話しします。

あまり踏み込むと女優さんやタレントさんにも迷惑がかかりかねませんが・・・。
これから芸能界での活躍を夢見る女の子のために、元業界人のぼくがぶっちゃけちゃいましょう!

美容整形について


いきなりぶっちゃけてしまいますが、整形をしている芸能人は多いです。

一般の人が思っている以上にいます。見てわかりやすい人もいますよね。実は、それ以外にもいるんです。

特に多いのは女優さん。
やはり顔が命ですし、今は4Kなど高画質映像の影響で、顔の細部まで視聴者に伝わってしまいますからね。

昔からいましたけど、現在の整形率はかなりエグいですよ。
芸能人が整形する理由は、メリットが大きいからです。

芸能人が整形するメリット
・高画質や大画面の映像にも耐えられる
 
・実年齢よりも若く見え、役の幅も広がる
 
・加齢とともに出てくるコンプレックスを解消できる
 
・ポジティブになることで仕事に対する意欲も湧く
 
・視聴者からの人気や好感度も維持できる

などのメリットが考えられますね。
プラスに働く要素が大きいのは確かです。

芸能人の整形事情などはこちらのページでまとめています。
芸能人御用達の美容整形外科はどこ?芸能界の整形事情【成功・失敗談】

整形のデメリットを挙げるとすると、お金が必要であること。
まだ芸能界デビューしていない女の子にとって、整形のためのお金を稼ぐのは難しいですよね。

芸能人の卵がお金を稼ぐ方法としては、高級クラブなどで効率的に稼げるバイトをするとかですね。
普通のバイトの10倍以上も稼ぐことが可能ですから。
銀座や六本木の高級クラブを選べば業界人との人脈も作れますよ。
モデル・女優の卵がラウンジより高級クラブでバイトするべき理由5つ

よく聞く「共演NG」は本当にあるのか?


一般の人にも耳馴染みがある「共演NG」という言葉。芸能界にも、これはあります。

筆者
業界人N
ぼくは昔TV局のプロデューサーもしていたんだけど、共演NGのタレントさんに関しては、かなり気を遣いましたね。

ある俳優とある女優が過去に付き合ってたから、バラエティ番組でも共演NGとかあるんです。
いろんなドラマの出演者を集める番宣番組とかは本当に大変。
正直、面倒でしたよ。

あまり触れたくはないですが少しだけ・・・

・上沼恵美子さんと明石家さんまさん
・ウーマンラッシュアワーの村本くんと平成ノブシコブシの吉村くん
・伊藤英明くんと藤原竜也くん
・宮崎あおいちゃんと蒼井優ちゃん

このように共演NGが噂される人たちって多いんですよね。

ぼくは業界にいたので、このうちのどれが本当に不仲で、どれが噂レベルなのかは把握しています。ここでは言えませんけど・・・。

ちなみに、よく言われていたダウンタウンととんねるずに関しては、不仲ではないですよ。周りが過剰に気を遣っているだけ。
番組側としても両方とも呼ぶのはお金がかかるし、企画も思いつかないのでやりたがりませんけどね(笑)

テレビ業界でよく聞く「裏かぶり」とは?


「裏かぶり」という言葉は聞いたことがありますか?

これは、同じ時間帯に別の局の番組に出てはいけない、というルール。

実際には、たまにあるんですよ。
昔は野球中継の延長とかで裏かぶりなんてしょっちゅうありましたからね。

なので、絶対にNGというわけではありません。
ただ、極力そうならないように関係者はみんな気をつけてはいます。

これって、要はスポンサーの問題。

筆者
業界人N
同時刻に違う番組に出て、しかもスポンサー同士がライバルだったりするとややこしいですよね、って話です。

キー局とローカル局の裏かぶりは問題がないとか、深夜だったらある程度許される、なんていう、これぞ暗黙の了解というものもあります。
でも結局はスポンサーによりますね。

ただし、これはタレントさんがあまり気にする問題でもありません。
だってオファーを出すのは番組側やTV局側だし、スケジュールを組むのは事務所側ですから。

売れてくるとタレント自身が決めることもありますが、その頃には業界のルールや暗黙の了解についてもわかっていることでしょう。

まとめ

  • 芸能界の独自のルールは早いうちから知っておくと有利
  • どんな現場でも、誰に対しても笑顔での挨拶は必須
  • 業界や仕事に対して、口外していいこととダメなことの区別をつけること
  • 芸能人は決して少なくない割合で整形している
  • 共演NGは実際に存在しているが、世間の知る事情とは異なるケースもある
  • スポンサーへの配慮として、「裏かぶり」は基本的にNG