女性芸能人6名のバイト歴から学ぶ!下積み時代におすすめなバイト

女性芸能人6名の下積み時代のアルバイト

どんな有名芸能人も、いきなり最初から売れたわけではありません。
ほとんどの女優やモデルなどが下積み時代を過ごしています。

今回は、そんな有名女性芸能人が売れない時代に行っていたアルバイトについてまとめてみましょう。

土屋太鳳

geinoujin-baito01

画像引用元:https://www.sma.co.jp/s/sma/?ima=0000#/

とても好感度の高い土屋太鳳ちゃんですが、彼女はNHKの連続テレビ小説『花子とアン』に出演しながらアルバイトをしていたそうです。

同時期に、同じくNHKの連続テレビ小説『まれ』のオーディションを受けていますね。
仕事をしながら次の役を狙い、しかもアルバイトをしていたということになります。
ちなみにアルバイトはコンビニの店員さんだったとか。

国民が注目するようなドラマに出ていたのにもかかわらず、アルバイトをする必要があるというのは、やはり芸能界ですね。年齢が若いと、こういうこともよくあります。

ちょっと仕事が入ったくらいでは食べていくことができません。
安定するまではバイトも必要になってくるでしょう。

おのののか

画像引用元:https://lineblog.me/ononono_ka/

おのののかさんが、東京ドームでビールの売り子をしていたのは、とても有名なお話。
実は彼女、高校を卒業して芸能事務所に所属しているんですね。

お仕事もゼロではないものの、ちょっとしたタレント業やレースクイーンのお仕事だけでは食べていけなかったそうです。

そこで始めたのが、ビールの売り子。
愛嬌があることも手伝って、当時はトップの売り上げを誇っていたようですよ。

稼ぎは相当なものだったとか。週に3日、1日3時間ほどで月に30万円ほどの収入になっていたそうです。
ビールの売り子は歩合も付きますからね。

人気が出れば、それだけ多くの収入が得られることになります。
今はしっかりと売れましたが、やっぱり下積み時代にはアルバイトなしでは暮らせなかったのでしょう。

本田翼

画像引用元:スターダストプロモーション公式HP

タレントや女優としてはもちろん、今はYouTuberとしてもかなりの人気を誇っている本田翼ちゃん。
彼女が出てきたときは、業界関係者のぼくでも衝撃的でした。

そんな本田翼ちゃんでも、モデルのお仕事を始めた高校生の頃はお金がなかったそうですよ。
アルバイトはお寿司屋さん。お店のスタッフからもお客さんからも大人気だったとか。そりゃそうでしょうね(笑)

でも彼女はオーディションを受けるために、そのお寿司屋さんのアルバイトを無断で欠席。
それが原因で、即クビを言い渡されたらしいです。

売れたからいいようなものの、もし売れていなければ、また新しいバイトで食いつなぐ日々だったでしょうね。

筆者
業界人N
ちなみに、そのお寿司屋さんの店主とは売れた後に再会し、和解済みです。

木村文乃

画像引用元:https://bunshun.jp/

女優としてはもちろん、最近はバラエティ番組でも高い評価を集めている木村文乃さん。
彼女は、いくつものアルバイトを経験しています。

アトピー持ちで、それに悩んでいた彼女は皮膚科の受付のアルバイトをしていたとか。

他には、下記など。とても幅広いお仕事をしていたそうです。

  • ウェディングの介添人
  • ファミリーレストランの店員
  • さらにはチラシ配りのバイト

木村さんは、映画のオーディションでグランプリを獲得。
NHKの大河ドラマや連続テレビ小説にも出ていました。アルバイトを転々としていたのは、この後のこと。

一時期仕事が順調でも、その先はどうなるかわからない、これが芸能界です。

彼女は復活しましたが、誰もがそうなるとは限りません。
アルバイトで食いつなぐって、とても大切なことなんですね。

波瑠

画像引用元:https://chicks-talk.com/

実力派女優としてさまざまな作品に登場している波瑠さんは、サロンモデルのバイトをしていました。

実は芸歴はとても長くて、芸能事務所には中学生の頃から所属していたそうです。

でも、なかなか売れなかったみたいですね。
オーディションは200連敗くらいしたと語っています。気が遠くなるような数です。

あまりにも売れなかったので、事務所側もサロンモデルのバイトであればということで許していたそう。

そのサロンモデルの写真の出来が良く、雑誌の専属モデルに抜擢されたというエピソードを持っています。

筆者
業界人N
芸能人の場合は、何がどう転ぶかわかりませんね。

吉岡里帆

画像引用元:パピコ 吉岡里帆「みんなのパピコ」篇 Glico CM – YouTube

吉岡里帆さんは、幅広い層から人気がありますよね。
あれだけ可愛くて、しかも男性が好きそうな体を惜しげも無く披露するグラビアも大好評。

しかし、そんな彼女にも下積み時代はありました。
大学は京都、養成所でのレッスンは東京と、関西と関東を行き来していた彼女。当然お金もかかります。

そのお金はアルバイトで工面。

  • 居酒屋
  • カフェの店員
  • 歯科助手
  • 派遣業

とにかくバイトざんまいの日々。
多い時には4つもアルバイトを掛け持ちしていたというから驚きですね。
役者という仕事への信念を感じるエピソードです。

芸能界に通じる最もおすすめなバイト「高級クラブ」


いろんな女優さんのアルバイト経歴を紹介しましたが、個人的には高級クラブでのアルバイトがおすすめですね。

特に高級クラブの中でも銀座と六本木にお店を構える「チック」のようなクラブなら、いろんなメリットがあります。

高級クラブチックで働くメリット
【①夜のお仕事である】
☞本田翼さんの例を見てもわかるように、普通のバイトではオーディションが入ったとき、対応が難しくなってしまうんです。

でも高級クラブなら、昼間のオーディションやお仕事のためにバイトを休まなきゃいけない・・・なんてことがありません。
 
【②高級クラブのホステスは、時給が高い。】
☞吉岡里帆さんのように3つも4つもバイトを掛け持ちしなくても、短時間で十分レッスン費などが稼げてしまいます。
 
【③身バレしにくい】
☞VIPが多く出入りするのでプライバシーも守られています。

特にバイトが禁止されている芸能事務所に所属しているなら、選ぶべき職種になるでしょう。
 
【④業界人がお客さんとして出入りする】
☞ホステスとして働いていれば、そうした業界人とのコネも作れるかもしれません。

そこで気に入られることで芸能の仕事が舞い込む、なんてことも考えられますよ。
 
【⑤表情の作り方や、立ち居振る舞いも学べる】
☞女優やモデルとして必要なテクニックも接客を通して身に付けられる。

過去に元キャバ嬢・元ホステスの過去を持つ女性芸能人はこちらで紹介しています

え!あの芸能人も?元キャバ嬢・元ホステスの過去を持つ女性芸能人8選

まとめ

芸能界で活動するなら、誰しもが経験することになる下積みの時代。
その時に、どんなアルバイトを選ぶのかはとても重要です。

お金の面、人脈作り、時間の確保、美の追求などあらゆる面を考えると、やっぱり高級クラブがおすすめ。
18歳以上なら、特にこの仕事はメリットが大きいですよ。

多くの女優さんと同じように、下積みからは逃れられません。
でも、その時の過ごし方は選べます。

筆者
業界人N
少しでも早くデビューや大きな仕事につながるようなアルバイトを選んでおきたいですね。

芸能界のコネや人脈の実際の影響力についてはこちらの記事でも紹介しています。
芸能界で売れてる人はコネだらけ?コネや人脈の真実について暴露します